生前整理

花を添える

大きなトレンド

遺品整理業界が提供しているトレンドとなっているサービスの一つが、が、生前整理です。 生前整理とはいざ最期を迎えたときでも、残された家族が困らずに済むように、予め家財道具などを処分しておき、必要な証券や貴重品などもまとめておくことです。しかしその作業を1人で行うのはかなり大変です。そこで遺品整理業者が提供する、生前整理サービスが人気となっています。 日本の人口はこの先もしばらく減少が続くことが確実になっており、高齢者の1人暮らしがますます増える中、生前整理は注目のサービスとなっています。

遺品整理は不用品回収業や産廃業者だけでなく葬儀会社などからの参入も増えている

週刊誌やテレビニュースで取り上げられたりといったこともあり、遺品整理業の実態については多くの人が昨今認知するに至っています。この業界では元々行っていた不用品回収業者や産廃業者などに対して、現在は新規参入の業者が増えつつあるのが現状です。例えばその1つが葬儀会社の遺品整理になります。 葬儀会社が参入するメリットとしては、葬儀やその後の火葬や納骨などと、セットで提供できるサービスという点があります。このため葬儀の利用と合わせて需要を取り込みやすく、また利用者にとっても全ての処置を一社に任せることができるので、手間が省けるという点があります。 葬儀会社が備えるサービス業としての質の高さを活かして、依頼者の気持ちを汲み取った丁寧な遺品整理サービスが売りとなっています。