気をつけたいこと

赤いバラをもつ女性

家族葬を行う時

密葬という葬儀の方法があります。密葬は後に本葬を行う場合や、死亡理由を明らかにしたくない場合に行われる葬儀なので、本葬を家族だけで行う場合を特に「家族葬」と言うようになりました。 気をつけなければならないのは、家族葬は「同居、別居にかかわらず二親等以内の親族で行う、会葬者のない葬儀」というのが一般的な解釈なので、それ以上離れた親族や知人、隣人などに参列してもらう場合は、一般葬と同じ扱いになります。 家族葬と一般葬では基本となる料金プランが異なっている葬儀社が多いので、依頼する側が家族葬を行うつもりで、葬儀社の方は一般葬扱いで話を進めているなんて事のないよう、葬儀社との相談は綿密に行いましょう。

静かな故人との別れだけれど

家族だけで会葬者のいない家族葬は、静かで暖かい葬儀になりますが、気をつけたいこともあります。 後々親戚から「どうして知らせてくれなかったの」と言われたり、後で次々と「お線香を」「香典を」と、自宅に訪問があったり、一般葬をしておいた方が楽だったなんてケースもあるようです。 親族間のトラブルの原因にも成り得ますので、そう言った葬儀後の事も考慮に入れた上で、どんな葬儀にするか遺族でよく話し合うことが肝心です。 故人の恩人や友人に対して、失礼の無いよう配慮することも必要です。家族葬だから一切知らせなくてもいい、と言うわけではありません。 故人が亡くなったことやその日時、家族葬で済ませるため香典は辞退する等の旨を電話で知らせます。 最近では葬儀まで全て済ませた後、書状で連絡することも多くなっているようです。