それぞれの違い

お葬式

人気の供養方法について

雪の降る地域に住んでいたり、お墓がある地域が住んでいるところと遠く離れている場合は頻繁にお墓参りに行けない人も多いですが、お墓の場合は基本的に所有者が管理をする必要があります。 現在人気なのが納骨堂ですが、その人気の理由は、室内のため天候などに関係なくいつでも供養をしに行けることや、納骨堂を運営している事業者が管理をしてくれるので所有者が管理をする必要がないという点にあります。また、一定期間を過ぎると合祀墓に移して管理者が供養してくれるので、後継ぎの心配がないというメリットもあります。 現在ではロッカー式や仏壇式、墓石式など様々な種類の納骨堂があります。

納骨堂と永代供養墓

お墓に代わって納骨堂とともに人気があるのが永代供養墓です。 永代供養墓は、一般的には一つのお墓に他の人々と一緒に納骨されることが多いため、合祀墓や合同墓などと呼ばれることもあり、屋外にお墓が建てられていることが多くなっています。 納骨堂と永大供養墓では、運営主体であるお寺などが管理をしてくれるという点では共通していますが、納骨堂が室内で個別に納骨されているのに対して、永大供養墓は合同で納骨されるという点が大きく異なる点になります。また、納骨堂の場合は管理費が必要な場合が多いですが、永大供養墓についてはかからないところが多くなっています。 どちらも後を継ぐ心配がないという点でも人気がありますが、料金等は運営主体によってそれぞれ異なります。